2009年04月22日

司法書士試験 不動産登記法・記述式 問題集の記載について その4

こんにちは。
「オートマチック」の2周目も佳境に入ってきました。

今日の追加は以下のとおりです。

問題27(pp.216-217)
219ページの3件目の申請で支払う登録免許税は「金40万円(登録免許税法第17条第4項)」となるのではないでしょうか。
手持ちのテキスト等を調べたのですが、地上権者が所有権の登記を取得する際に減税の措置を受けられないような先例等は見当たりませんでした。

また、4件目及び5件目は「登録免許税 金1000円」を加える必要があります。

問題28(pp.224-225)
226ページの申請情報ですが、いずれも登録免許税は金1000円になります。
根抵当権を負担しているのは甲土地のみだからです。

それから、本問を解答する上では関係ありませんが、229ページの登記完了後の登記記録ですが3番抵当権の3の下に「(1−1)」又は「(1付1)」が書き加えられます。
順位譲渡を受けたことを示すためです。

今回はこの辺で。
posted by ヒロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

司法書士試験 不動産登記法・記述式 問題集の記載について その3

こんにちは。
今日は少し冷え込みました。

引き続き「オートマチック」の記述について指摘していきます。

問題19(pp.158-159)
間違いというわけではないのですが、答案作成上の注意3の「課税標準の金額」は「課税標準及び登録免許税の金額」とした方が後で混乱しないで済みそうです。
本問では登録免許税を算定するために必要な不動産の価額が記されていないからです。

問題20(pp.166-167)
168ページの1件目の申請の添付情報ですが、「株式会社Yの登記識別情報」ではなく「株式会社Xの登記識別情報」となるはずです。

問題22(pp.182-183)
184ページの3件目の申請の義務者の表示ですが、正しくは「株式会社Y銀行」になると思われます。
201ページに「登記申請行為は申請時の商号で行えばよろしい」とあるのが根拠です。

今回はこの辺で。
posted by ヒロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

司法書士試験 不動産登記法・記述式 問題集の記載について その2

こんにちは。
今日は暴風雨の中、びしょびしょになりながら帰宅しました。
明日は晴れるといいのですが……。

さて、昨日に引き続き「オートマチック」の記載について指摘していきます。

続きを読む
posted by ヒロ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

司法書士試験 不動産登記法・記述式 問題集の記載について

こんにちは。
日曜日ということで、家から一歩も出ずにのんびり過ごしていました。
四月とは思えない暑さでしたね。

さて「オートマチック」も2周目に入り、基本編の問題14まで終了しました。
問題を解く速さも精密さも確実にレベルアップしているような気がします。

2周目ということで、問題集の記述に関する疑問点や間違いであろうと思われる点を問題順に挙げていきたいと思います。テキストなどを調べた上で指摘していきますが、100パーセントの精度を保証できませんので、記事をうのみにせずに、必ずご自分の教材・テキストと比較しながら学習を進められてください。

続きを読む
posted by ヒロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

司法書士試験 不動産登記・記述式 もうすぐ一周

こんにちは。
今日はあちこちで燕が飛んでいるのが見られました。
もう夏もすぐそこまで来ているのかもしれません。
試験も近づいています。

「オートマチック」(不動産登記法・記述式)ですが、いよいよ応用問題1問を残すのみとなりました(応用編は1問1時間くらいで演習しているのでなかなか進まず苦労しています)。
まだまだ、出題意図を汲み切った答案を作れるレベルではありませんが、大きく外すといったことも少なくなってきました。
添付情報や申請人を間違えたりするような凡ミスも少なくなってきたようです。また、登録免許税の計算も手早くできるようになってきました。
それでも、少しでも気が抜けた時はあっという間に崩れます。

やはり、記述式は一筋縄ではいきません。
過去問択一式の知識を「わかっている」のと記述式で「活かせる」というのはかなり隔たっているように感じられます。
逆に、記述式ができるようになってきたときには飛躍的にレベルアップできているだろうという期待もあります。

4月のうちに「オートマチック」を3回は繰り返して来月発売予定の商業登記法・記述式に備えたいと思います。

今回はこの辺で。
タグ:資格
posted by ヒロ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

司法書士試験 不動産登記法・記述式 攻略中

こんにちは。
今日は日曜日ということで、ここ数日の勉強内容を記しておきたいと思います。

ここのところ、先日の記事で紹介した「オートマチック」で不動産登記法の記述式の演習に専念していました(他の科目は過去問を見直す程度)。

「オートマチック」は基本編41題と応用編10題から構成されていますが、基本編を終えて応用編が半分終わったところです。
それにしても、「基本編」からいきなり難しいので、一日の目標を達成する頃にはもうへとへとです。脳が莫大なエネルギーを消費しているのでしょう。
おかげでよく眠れるわけですが。

続きを読む
タグ:資格
posted by ヒロ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

司法書士試験 記述式対策開始

こんにちは。
今週から本格的に不動産登記法・記述式の勉強に入っていきます。
現在使っている主な教材は

・山本浩司著『オートマチックシステム 不動産登記法(記述式)』早稲田経営出版
・竹下貴浩著『新版 デュープロセス 民法・不動産登記法』(1〜3)早稲田経営出版

です。
「オートマチックシステム」で演習をしたのち、解説を読みながら「デュープロセス」の該当箇所も確認するといったやり方を採っています。
民法・不動産登記法の過去問(択一)を8割方解けるようになっていれば、たぶんついて行けます。

とはいえ、記述式になると択一で理解できていたことが使いこなせない、といった事態が当たり前のように起こるので、間違えながらでもとにかく書いてみるほかありません。
いや、今のうちにとことん間違っておくべきでしょう。

頭で理解しただけでできるようになれば誰も苦労しないですしね……。
さて、上の4冊についてもう少し述べておきます。

まず、「デュープロセス」ですが、かなり読み応えがあるので、慣れない方は多少まごつくかもしれませんが、2回3回と読み進めていくと過去問レベルの文章にもついて行けるようになると思います(あくまで私の経験からしか言えませんが)。択一過去問攻略と記述式の申請例の把握に十二分に役立つでしょう。
出てくる条文を逐一引きながら読んでいくと慣れるのも早くなりますよ。

次に「オートマチック」ですが、冒頭を読むだけでも記述式のすべてに通じる原理原則が理解できるように書いてあるので、択一過去問と申請例の記憶が進んでいる方はもちろん、初学者の方が何を意識しながらテキストを読めばいいか方針を立てる上でもおすすめです。
初学者の方は冒頭だけでも読んでみるといいでしょう。

他にも使おうと考えている教材がいくつかあるのですが、ひとまずこの4冊(「デュープロセス」は何度か読み返しました)を1回転させてから紹介したいと思います。
posted by ヒロ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

司法書士試験 過去問見直し中 その2

こんにちは。
今日もなかなかの冷え具合です。
いつも通勤で通りかかる駅の構内にハンバーガーショップがオープンしました。
ハンバーガーは街の名物でもあり、私も結構食べているので気軽に寄れる店ができてうれしい限りです。
ただ、司法書士試験などに備えてお金を貯めているところなので、頻繁に買うわけにもいかないのですが……。

今日は民法・物権の見直しをしていました。
前に間違えたのが占有権の問題だったので、記憶があやふやだった部分を備忘録的にまとめてみます。

続きを読む
タグ:資格
posted by ヒロ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

司法書士試験 過去問見直し中

こんにちは。
今日も寒かったですね。
町のいたる所で花がきれいに咲いているのですが、寒さのせいか今一つ春といった感じがしません。

ここ数日仕事がいつもより多いので、司法書士試験の勉強時間を確保するのも一苦労です。
おもな勉強場所は通勤電車の中だったりします。
今まで解いた過去問で、正誤の判定がきちんとできなかった肢を見直しています。
それだけでも忘れかけていた論点を記憶しなおせるので、やはりこまめな見直しは大事ですね。

ここ2,3日は会社法・商業登記法を見直していました。
商業登記法は会社法に比べると条文も少なく素早く何度も回転できますが、会社法は登記になって表れない部分までカバーしなければならないためやっぱり大変です。
これで投げ出す方も結構いらっしゃるのかもしれません……。

ただ、条文を覚えておけば何とか正解にたどり着く問題も多いので、一つ一つの条文を地道に記憶していくほかなさそうです。商業登記法の場合は書式集を眺めながら覚えると少しは楽かもしれません。逆に過去問を間違えてみて、つまずいた肢の解説を見て根拠条文と照らし合わせるのも有効かもしれません。
いずれにしても、六法―テキスト―過去問をきちんとリンクさせる必要があるのではないでしょうか。
独学だと、この3つだけが頼りです。

今日はヒノキの花粉が多いらしく、鼻炎の症状がいつもよりひどくて大変です。
明日は花粉が飛散しないことを祈ります。
今回はこの辺で。
posted by ヒロ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

司法書士試験 会社法 組織再編の基礎

こんにちは。
今日から日曜日までゆったりとした午後が過ごせます。
部屋の整頓をしてから、会社法・商業登記法を勉強していました。
まとまった時間を使って勉強できたのは久しぶりで、3時間くらいならあっという間に過ぎてしまいます。
花粉・黄砂の時期を過ぎればもう少し能率も上がるでしょう。

今日は主に会社法の組織変更・組織再編(吸収合併・新設合併)とその手続きについて、テキストと六法を交互に読みながら覚えていました。残りの組織再編は明日にでもやっていくつもりです。

それにしても、組織再編に関する条文は一つ一つが非常に長いです(会社法の条文全般が長いのですが……)。六法の1ページが1つの条文で占められていることもしばしばあります。
ただ、理解が進んでくると面白いですし、商業登記法とともに司法書士試験の中核をなす科目でもあるので、何としても得意科目にしたいところです。

とりあえず、ここでいくつかの用語を説明しておきます。

組織変更…株式会社が持分会社に、持分会社が株式会社になることです。ちなみに、持分会社とは合名会社・合資会社・合同会社のことです。中学校の公民で合名・合資の名称を習ったことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

吸収合併…ある会社が他の会社の権利義務の全てを受け継ぐことを言います。
2003年にエニックス(ドラゴンクエスト)がスクウェア(ファイナルファンタジー)と合併したのがわかりやすい例でしょう(手続き上はエニックスの方が存続会社のようです)。ちなみに、スクウェア・エニックスはスクウェア・エニックス・ホールディングスに社名を変えたのちに会社分割(新設)も行っているみたいです。

新設合併…複数の会社が消滅すると同時に、それらの会社の権利義務の全てが新しく設立される会社に受け継がれることです。今まで有していた免許や認可を取得しなおす必要がある場合があり、実際のところは上の吸収合併の方が多いそうです。

組織再編は、会社はもちろん、株主(社員)、新株予約権者、債権者といった会社を取り巻く存在の利害を調整しながら進めていかなければならないので、それぞれの立場から条文を読み進めていきたいと思います。
今日はこの辺で。
タグ:資格
posted by ヒロ at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

司法書士試験 登録免許税の基礎 その2

こんにちは。
今日は、街の本屋で司法書士のテキスト(『司法書士 新版デュープロセス2 民法・不動産登記法U』)と「ゲゲゲの鬼太郎・パズルシールあそびブック」(絵本)を買いました。
「あそびブック」なのに、もったいなくて遊べません……。

そういえば、本屋の店員さんがものすごくチャーミングな女性でした。
法律の本と絵本を同時に購入したことから珍客に思われたかもしれません。
最後まで笑顔で接客してもらえたのが何よりの幸いです。

さて、今日は買ったばかりのテキストを参照しつつ、定率課税の場合の登録免許税の計算について書いていこうと思います。

今回は課税価額が1,000万円の土地の所有権移転(原因:売買)で考えます。

まず、1,000円未満の部分を切り捨てます。後でわかりますが税率が1,000分の何々というのが多いです。一度1,000で割ってしまうので、商が1にもならない部分は問題視しないということでしょうか。納税者としては、ほんのちょっと得ですが。
例に当てはめると、1,000万円の1,000円未満の部分は0円なのでそのまま次の計算に移ります。

次に税率をかけます。例の場合、税率は1,000分の20なので、
10,000,000×20÷1,000=200,000
20万円と出てきました。

最後は100円未満の部分を切り捨てます。今回は切り捨てる必要がないのでそのまま20万円で計算終了ですね。
地役権の設定が承役地1個につき1,500円だったことを思い出せば、100円単位は切り捨てなくてもいいことが記憶しやすくなるのではないでしょうか。

もっと勉強してさらに応用のきく知識を蓄えていきます。みんなでがんばっていきましょう。
タグ:資格
posted by ヒロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

司法書士試験 登録免許税の基礎

こんにちは。
今日は午後の仕事が臨時の休みだったので、やりかけていた確定申告の続きをやっていました。

年に一度のことなので、例年通り要領よくできなくてくたびれました。
毎年、年末あたりから本屋さんに確定申告関係の書籍がたくさん並ぶのもうなずける気がします。
こういったことを日常茶飯事のように処理している税理士の方たちのすごさが垣間見える時期でもあるのでしょうね。資格を目指すものとして、頭が下がる思いです。

それにしても、税務署側は納税者にとって有利な情報を全然と言っていいほど教えてくれません。やはり、国というものは潜在的に国民と利害の対立する存在であるといっても過言ではないのではないでしょうか。

さて、税と言えば、司法書士試験を勉強する人にとって避けては通れないものがありますね。そうです、不動産や会社の登記の時に支払うことになる登録免許税です。

先の不動産登記法の過去問の演習でも、税率をきちんと記憶できてなくて間違えてしまったものもありました。

過去問で出題された基本的なものを何個か挙げます(あくまで原則です)。

所有権保存…不動産の価額の1,000分の4
所有権移転(相続に準ずるもの)…不動産の価額の1,000分の4
所有権移転(上記以外のもの)…不動産の価額の1,000分の20

抵当権設定…債権額の1,000分の4
抵当権移転(相続に準ずるもの)…債権額の1,000分の1
抵当権移転(上記以外のもの)…債権額の1,000分の2

地上権設定…不動産の価額の1,000分の10
賃借権設定…不動産の価額の1,000分の10
地役権設定…承役地1個につき1,500円

基本的ではあるのですが、いざという時、ど忘れしないようにこまめに確認しておきたいものです。
タグ:一般 資格
posted by ヒロ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

司法書士試験 不動産登記法各論 演習完了

こんにちは。
今週になってから、メールをやり取りしていた方(サクラと思われます。2月24日の記事をご参照ください。)からメールが来なくなりました。
お金にならないので、さじを投げたのでしょうか。

今日は、不動産登記法の各論の演習を終えてから、民法総則の復習をしていました。
9割がたは点数の取れる分野なのですが、一般社団法人・一般財団法人の部分を新たに覚えなおす必要があります。
代表理事を置くことによって普通の理事の代表権が制限され、それが善意の第三者に対抗できる場合が出てくる点が変わったようです。ただし、代表理事の代表権は制限を加えても、善意の第三者には対抗できません。
ちょうど株式会社における取締役と代表取締役との関係のようなものでしょうか。

他にも、主務官庁の許可が不要になり、登記をすることによって法人として成立する点も見逃せないですね(以前は登記=対抗要件でした)。

営利を目的としない法人と言えば、財団法人日本漢字能力検定協会がありますが、必要以上に利益を上げている件で文科省の改善指導がなされましたね。
今回の一件で受験される方にとって利益となる方向に向かってくれればと思います。
それにしても、この団体の代表、「謝りたくないので会見しない」って……。
あまりに子供じみていると思います。

まぁ、どのような生き方をするかは個人の自由なので、はたから見て潔くないのもありなのかもしれませんね。

今回はこの辺で。
タグ:資格
posted by ヒロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月10日

司法書士試験 不動産登記法各論 演習中

こんにちは。
今週は不動産登記法・各論の演習に取り組んでいます。
総論と同様200問ほどのボリュームなのですが、あと50問ほどで終了します。
所有権・抵当権・根抵当権と用益権各種が終わったので、あとは信託・敷地権付き区分建物・担保仮登記その他の特殊な登記(総合問題含む)だけとなりました。

感触としては、総論より各論の方がとっつきやすいと思いました。理論よりも暗記の方がやや比重が大きい気がします。
逆に総論は理論の方がやや比重が大きいようです。必要な添付情報も登記ごとに暗記するのではなく(私はこの方法で暗記できませんでした)、各添付情報が持つ意味を考えながら手続きを覚えていく方が結局早いのではないでしょうか。

かなり大雑把なまとめ方ですが、不動産登記の場合で例をあげると

登記原因証明情報…文字通り、不動産の各権利がどのような経緯で変化を遂げるのかを証明するための情報で、ほとんどの登記で必要となる。

登記識別情報…原則として、共同申請において登記義務者(登記簿上、ある登記によって直接不利益を被る者)が不利益を甘受する意思があることを示す情報であり、登記の真実性を担保する大きな鍵となる。

印鑑証明書…登記義務者が所有権(それに準ずる重要な権利)について、ある登記により不利益を甘受する意思があることを示す情報であり、申請書か委任状のどちらかに付属させる。

くらいの理解で問題に挑んでいます(もちろん細かいところはテキストで補っています)。
最初はテキストを読んでいてもさっぱりわからなかったのですが、不思議なことに何度かテキストにかじりついていると、ある瞬間から急にわかりだしてきます。私の時はそうでした。

今日ももう少し演習を続けてから休みます。明日も頑張ります。
posted by ヒロ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

司法書士試験 不動産登記法総論 演習終了

こんにちは。
先日受けた簿記試験(2級)ですが、残念ながら不合格でした……。
気を取り直して司法書士試験の勉強に打ち込んでいます。

今週は不動産登記法・総論の択一式過去問を演習していました。
スキマ時間で220問近くを解き終えるのは一苦労です。
民法と同じで、意外に記憶に残っているものや基本なのに忘れてしまっていることが多々あったので、ゼロから勉強しなおすつもりで条文や判例・先例の記憶に取りかかりたいと思います。
同時進行で不動産登記法・各論の演習も進めていくつもりです。

今年度は、昨年度とは少し解き方を変えて演習しています。
どういう風に解き方を変えたかというと、登記記録を見ながら解く問題(平成18年度第15問や平成15年度第15問のような形式の問題です)で関係図などのメモを作成せずに頭の中だけで権利関係を把握して正誤を判定するようにしてみました。
図を書いても手こずる問題が何問かありますが、頭の中で解こうとするとさらに骨が折れます。記述式でもそうですが、すべてをメモに起こしていくと時間が足りなくなる可能性が高いので、メモに起こすべきところとメモに起こさなくていいところとを区別できないか試してみたいと思います。
メモ自体ももう少し早く作成できるように、ぼちぼち記述式の訓練にも入りたいところですが、その前に可能な限り択一式の知識を吸収しておきたいです。

早く花粉症の季節が過ぎてほしいと思います。そうすればもう少し効率も上がるのですが。
今回はこの辺で。
タグ:資格
posted by ヒロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

司法書士試験 過去問演習記 担保物権編

こんにちは。
最近まともにニュースを見ていないので、若干「浦島太郎」になりつつあります。

今日は根抵当権と非典型担保の過去問を演習していました(この時期は眠気がひどくてペースが多少遅くなってしまいます)。
……やはり忘れていました。大枠は抑えられていると思うのですが、細かいところの知識がものすごく曖昧になっている感があります。
「誰が」「何を」「どうする」……。基本ですが、これらのことを意識して条文を丁寧に覚えていく必要があります。

知識の方は反省点が出てきましたが、平成12年午前の部第17問(民法)が解けるようになったので(解説を読んでも今一つ理解できていませんでした)思考力はついてきたのでしょうか。
思考力と記憶力とをバランスよく高めていきたいものです。
タグ:資格
posted by ヒロ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

司法書士試験 勉強再開

こんにちは。
今日から新しい週が始まりました。
今日はいろいろな用事に振り回されてあまり勉強できませんでした。反省。

今日は民法の担保物権を勉強していました。
抵当権消滅請求と法定地上権の判例問題が中心でした。

抵当権消滅請求では、抵当権と根抵当権では消滅請求できる当事者の範囲が異なってくるので前者はともかく後者の場合はこまめに覚えなおす必要があると思います。

抵当権→抵当不動産の第三取得者(第379条)
根抵当権→他人の債務を担保するためその根抵当権を設定した者、抵当不動産について所有権・地上権・永小作権・第三者に対抗できる賃借権を取得した第三者(第398条の22第1項)

忘れそうになった時はここを見て思い出します。

また、抵当権消滅請求と代価弁済の違いも外せませんね。一番の違いは、イニシアチブの違いでしょうか。前者の場合は第三取得者から行うものですが、後者の場合は抵当権者から行います。

他にも抵当権消滅請求は一部の抵当権についてのみ行えないというのも過去問で見ましたね。

法定地上権は、判例をいきなり全部覚えようとすると混乱するので、条文に書いてある基本形をあてはめるよう心がけています。それだけでも正誤の判定の出来る肢はそれなりにあるようです。

明日は法定地上権の続きから演習していきます。
また明日も頑張りましょう。
タグ:資格
posted by ヒロ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

簿記試験終了!

こんにちは。
今日は簿記(2級)の試験でした。
工業簿記はこつこつテキストを読んで準備していたので何とか答案を全て埋めることができましたが、商業簿記が今一つといった感じでした。
全体としては70点前後になるのかなと思います。あまり自信がないのですが……。

受験生はほとんど高校生や若い女性ばかりでした。
今は就職難ですし、役に立つ資格は一つでも多く持っていたほうがよさそうですね。

簡単に総括しておきます。

第1問はいつも通りの仕訳の問題でした。本店集中計算制度や保証債務に関する対照勘定が不慣れでしたが後は落ち着いて答えを出せました。12点か16点くらいかと。

第2問ですが、伝票と仕訳日計表の虫食いで大苦戦でした。それでも8割方の空欄は何とか埋められたのでせめて10点取れればと思います。

第3問はほとんどぶっつけ本番の精算表作成……。何度もテキストと問題集を行ったり来たりして手順を確認した状態で挑みました。決算整理では商品評価損の部分を間違えてしまいました。後はだいたいきちんと仕訳して借方と貸方を同時に調整できたと思います。部分点で8点くらいは欲しいですね。

第4問は製造原価報告書・損益計算書の問題でした。ちょうどこの辺りからギアが入ってきたようでサクサク計算できました。何とか勝負できるかもと思ったのもこの辺りだったように思います。うまくいけば20点取れるでしょう。

第5問もさほど手間をかけずに答案を作成できました。今から思い返すと、X製品については、単価を出すときに350で割ったか300で割ったか心配です。答えは整数できちんと出たのですが……。たぶん20点取れるかな……。

今日の試験で今まで頑張ってきた方たちの努力が報われてほしいと思います。

明日からは司法書士受験に再び入っていきます。
ブログの話題もそちらにシフトしていく予定です。同時に、今まで見られなかったドラマ・アニメの感想も書いていきます。

今回はこの辺で。
タグ:資格
posted by ヒロ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

簿記試験ラストスパート! その6

こんにちは。
簿記試験まで後14時間ほどとなりました。
タイトル通り「働きながら」なのでまとまった演習時間を取ることができませんでしたが、ここ一ヶ月ほどは熱中して取り組めたと思います。

いつもながらですが、相当苦戦すると思います。
宅建や行政書士の時もそうだったので、想定の範囲内ではあります。
資格試験というものに「万全の準備」というものはないのかもしれません。もちろんテキストにあることを抑えた上での話ですが。

明日のために私以上に勉強してこられた方もたくさんいらっしゃると思います。
精いっぱい力を出し切って、次の目標に迷いなく向かっていけるよう頑張りましょう。

今日はテキストで基本的な事項を確認してから休みます。
どうか明日が皆さんにとってよい一日でありますように。
タグ:資格
posted by ヒロ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

簿記試験ラストスパート! その5

こんにちは。
今日は寒かったですね。

簿記の勉強もいよいよ大詰めです。
今日は問題集の解説のページを見ながら、解き方の大まかな流れを確認していました。
大方頭に入ってきた気がするのですが、「わかる」と「できる」は違うので一つでも多く「できる」ことを増やしていくのみです。

今日もまた問題演習をやってから休みます。
タグ:資格
posted by ヒロ at 23:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 資格・試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

3939解析 無料アクセス解析
キーワード出現頻度解析