2009年09月10日

民主党関連の報道を見て思ったこと

こんにちは。
めっきり涼しくなってきました。
風邪をひかないように気をつけましょう。

最近は民主党関連の報道が実に多いですね。

特別国会もまだ始まっていないということから、民主党議員もテレビに出ずっぱりといった感じがします。

徐々に民主党のやろうとしていることが判明しつつあるようですが、政策単位でみると必ずしも圧倒的賛成が得られているわけではなさそうで「本当に大丈夫か?」と思います。

今日の「ひるおび!」(TBS系)では高速道路の無料化について民主党の議員さんから(名前は失念しました……)説明が行われていましたが、国民の意見は現時点で6割が賛成、4割が反対といった結果でした。

無料化に賛成という意見はさておき、反対の意見を持っている人の考えを挙げてみると、

・渋滞が悪化しそう(それらによって二酸化炭素排出も増えそう)
・道路に関する費用を通行料金でまかなう態勢から税金でまかなう態勢に変わるので、受益者負担の原則に反する(高速道路を利用しない人の税金も高速道路のために使われる)

といったものがありました。

後者の意見については、民主党の議員さんによると、すでに(自民党時代に)受益者負担の原則は崩れているから問題ないとのことでした。

私も地方に住んでいますが、高速道路など一年に一度使えば多い方なので完全無料化によって知らないうちに税金を負担するというのはどうも納得いかないです。

先月末に「政権交代」をうたって大勝した民主党ですが、自民党が原則を外した政策を取ったからと言って原則を外すというやりかたに便乗するのはいかがなものかと思います。

人間が変わってもやることが一緒なら、名ばかりの「政権交代」という印象を受けます。

もちろん、高速道路無料化だけが民主党の政策ではないので他の政策と併せて判断したいところですが、あの社民党と連立するというのですから、今後4年間(最長)を任せるのは不安ですね。

マスコミによる持ち上げがなくなったら一気に支持を失うのではないでしょうか。

とりとめのない話になりましたが、今回はこの辺で。

関連記事
交通マナーを守りましょう
郵政関係のニュースについての雑感
6月になりました
ラベル:一般
posted by ヒロ at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

3939解析 無料アクセス解析
キーワード出現頻度解析