2009年06月14日

公務員試験を受けてきました

こんにちは。
この土日は色々な訳があって国税専門官の試験を受けに行っておりました。

公務員試験といえども、さすがに直前期なので空いている時間は民事訴訟法等の復習にいそしんでおりました。

話は前後しますが、昨日不審な体験をしました(不思議、とはちょっと違います)。
職場に行くために列車に乗ろうとしていたのですが、ホームのベンチに座っていた年頃の見知らぬ女性(二十歳前後と思われる)が私の姿を見るなりニヤリと笑いだしたのです。

いざ列車がやってくるときになって、その女性が私の前を横切る際も再びニヤリと笑っていました。
こちらが男で護身術の心得ありと言っても、底知れぬ違和感が拭えなくて終始その女性と距離を置くようにしていました(間合いの3倍くらいの距離は取っていたと思います)。
もちろん、列車は別の車両に乗りました。

今から思い返して見ても、不気味というほかありません。
しかも、スタイルのいい美少女といった感じの人物だったのでかえって警戒心が高まっていたように思います。
ちなみに、後で鏡を見たのですが、特に笑われるような点はなかったと思います。ズボンのファスナーもちゃんと閉まっていましたし……。

普通だったら「ぼかぁ、鼻の下が30センチ伸びた」となるのでしょうか。
とりあえず、「変だ」と思った直感を大事にしようと思います。
他人からどれだけ笑われようが、司法書士試験に合格しさえすれば問題ないので。
『ライジングインパクト』のトリスタンのように鋼鉄の精神力をもって前進したいものです。

同じような体験をされた方のお話が聞ければ幸いです。

そう言えば、試験会場には鋼鉄の精神力と全く無縁そうな受験者(男性)もいました。
ちょうど私の真後ろにいたのですが、ため息ばかりが聞こえてきて、こちらの士気までそがれるところでした。
どんな人かと思って休み時間に顔を見てみると、午前の試験が終わった段階で顔に絶望の色が浮かんでいました……。

実は次の土日も国家二種の受験だったりします。
これも仕事と割り切って受験してくるつもりです。

今回はこの辺で。
ラベル:一般
posted by ヒロ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

3939解析 無料アクセス解析
キーワード出現頻度解析