2009年03月25日

機動戦士ガンダムOO 3月22日分 感想 その3

こんにちは。
今日は朝から何故か気分が沈みっぱなしでした。
別に仕事でミスをした、というようなことはなかったのですが。
春先に妙に落ち込んだりいらいらしたりすることってありませんか?

それでは昨日の続きです。

サーシェスの背中に銃を向けたライルにアニューの声が語りかけます。
引き金を引く手を緩めるライルをあざ笑うように、サーシェスが銃を取って向きなおりますが、次の瞬間、ライルは容赦なくサーシェスの眉間と両胸を撃ち抜きます。
個人的には物足りなかった感じです。残酷な描写にしてほしいわけではないですが、あれでもまだサーシェスが復活しそうな気がするので……。

サーシェスの銃口にライルの弾丸が直撃、腕まで吹き飛ばされたサーシェスが必死の形相で向かってくる、そこに全弾を急所に容赦なく撃ち込むくらいの演出でもよかったのかなと思います。

ライルはアニューの言葉にすがりつきたかったのではないでしょうか。人と人とはわかり合える、たとえそれが家族の仇であったとしても……。ただ、サーシェスを生かせば、また別の誰かが犠牲になるだけかもしれません。
ライルは引き金を引く指を緩めることはしても、引き金から指を離してはいませんでした(最初から生かすつもりなどなかった、とも取れますが)。

最近は「死刑制度を廃止せよ」とか「自衛隊は憲法違反」といった主張を目にすることがありますが、死刑や自衛隊という「引き金」から容易に指を離していいのかとも思ったりします。もちろん安易に「引き金」を引いてもよくないわけですが。
ライルのように引き金に指をかけたまま、引き金を引かなくてもいい時代が来るように願い続けながら生きなければならないのかもしれません……。

アレルヤについてはまた後ほど。長々とすみません……。
ラベル:アニメ
posted by ヒロ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ感想・情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

3939解析 無料アクセス解析
キーワード出現頻度解析